Jewelry&Accessory

home
platinum
gold
silver
stone

ジュエリーに欠かすことの出来ない石・・・宝石・・・

いつの時代も人を魅了してやまない石たちの魅力とは?

宝石とは、鉱物の中で石にあたり希少性が高く美しい外観をもっている天然石のみを宝石と呼びます。人工的に産出する合成石は宝石hとは呼べないのです。宝石の大部分は、自然に産出した鉱物、無機質の宝石です。他に、わずかに生命活動の中から産まれた真珠、珊瑚、琥珀などの有機質の宝石もあります。
・・・宝石は自然からの贈り物です。・・・
何億、何十億年という歳月を地中で過ごした後、人間が邂逅することを許された美しく煌く石たちが宝石なのです。今日の私たちは、宝石の持つ輝きや希少性を装飾品としてまたは財産として利用しています。しかし古代の人々は、この自然からの贈り物である宝石を神秘的な存在として超自然的な力を備えていると信じ、宝石を身に着けることは護身符的な役割を意味していました。
パワーストーン

元気(パワー)をくれる石(ストーン)、不思議なパワーの宿っている石のことをいいます。
宝石は地球が何十億年もかけて作り上げた美しい鉱物達。そのひとつひとつには地球が何十億年とかけて奇跡的に結晶となったものばかり。大自然の宇宙エネルギーを吸いとって長い長い時間を要してできたものなのです。それぞれの石には全て異なった色や光をもちます。それにともない石に宿っているパワーも石の種類によってそれぞれ異なります。パワーストーンの歴史は人の歴史と同じです。
人は美しい宝石の神秘性に惹かれ、奥深い力を感じ身に付けていました。それは薬、護符、まじないのために身に付けられた事が始めだとされています。大自然の中で暮らしていた昔・・今よりも目にみえない不思議な力を敏感に感じとっていたのかもしれません。

もともと地球は鉱物の塊。長い時を経て植物や動物が生まれました。
人間の元の気、潜在意識を開花させてくれる鉱物の宝石。いつの時代でも悩みや苦しみのない人はいません。人は常に不安と戦いながら生きているのです。自然とのコミュニケーションが薄れてきた現在こそ、パワーストーンは必要とされているのではないでしょうか。宝石は人工で作られたものは一切なく、全て地球の貴重な資源です。実際、宝石の持つオーラは研究され実証されているのです。

誕生石の起源は、聖書の時代にまでさかのぼります。聖書には宝石についての記述がたびたび現れ、誕生石に関係の深い有名な記述を残しています。旧約聖書の「出エジプト記」には、モーゼの兄大祭司アロンが身に着ける胸当てに飾られる12個の宝石が主によって仰せられたと書かれてあり、新約聖書の「ヨハネ黙示録」では、最後の審判の後に現れる新しい世界の都「新エルサレム」の城壁の土台石は、12個の宝石で飾られていたと記載されています。誕生石は、国によって様々でしたが、1912年にアメリカの宝石業者間で統一され、現在では、自分の産まれた付きの宝石を身につけるという誕生石の習慣は広く浸透しています。
誕生石
1月 ガーネット

ガーネットとは宝石の総称ではなく、グループの名称なのです。色はレッドの他にオレンジ、グリーン、イエロー、ブラウン、ブラックなどがあり現在、鉱物学的には14種類の鉱物に分けられています。

2月 アメシスト アメシストは、人類が最も古くから関わってきた宝石でもあり、色々な記録が残されています。よくアメジストと呼ばれる事が多いですが、正式名称は、アメシストです。
3月 アクアマリン 珊瑚

アクアマリンは、若い女性に大変人気で、鉱物学的にはエメラルドの親戚です。色は、非常に薄い水色から、濃い目の水色まであり、濃いほど価値が上がります。

4月 ダイアモンド

宝石の王様ダイヤモンド。ダイヤモンドは世界中の女性の永遠の憧れです。

5月 エメラルド 翡翠 エメラルドは5大宝石のひとつです。五大宝石の中でもっとも古くから伝わる宝石であり、深い重みのあるグリーンが最も良いとされています。
6月 真珠  ムーンストーン 石の表面に月光が波をうったように浮かぶことからムーンストーンと名付けられたので す。ムーンストーンは、愛を満たしていく「恋人たちの石」ともいわれ、恋人へのまっすぐな愛の証とされています。
7月 ルビー ルビーとサファイアは、 鉱物学的にいうと兄弟です。やや濃色の赤で内側からの妖輝な光(いわゆるテリ)がある色合いをピジョン・ブラッドといい、最高級のルビーの色とされています。
8月 ペリドット オリビンという名前はあくまでも鉱物学的なものであり、そのなかでもとくに綺麗で貴重なものをペリドットと呼びます。ほの暗い照明の下では、驚くほど高い輝きを発することから、イブニングエメラルドという異名を持ちます。
9月 サファイア サファイアは鉱物名としてはコランダムという鉱物に属します。ルビーとサファイアは、鉱物学的にいうと兄弟であるといえます。誠実、慈愛という宝石言葉を持っています。
10月 オパール トルマリン 一般的にオパールには虹色に輝く遊色効果(プレイ・オブ・カラー)というものが見られ、これがオパールの特徴でもあり、この効果から、希望の証だとされてきました。
11月 トパーズ 東洋では健康の石といわれ、胃や陽を丈夫にし、食欲を増進させるのに効果があるとされていました。近代ではビクトリア女王が、ルビー、サファイア、オパールなどとともにトパーズを愛用したことが知られています。
12月 ターコイズ ラピスラズリ ターコイズ(トルコ石)は、「成功」の象徴とされ、「旅のお守り」としても古くから珍重されてきました。もちろん自分自身で購入されるのもよいですが、人にプレゼントされると、幸せになれると言われています。

世界のブランド ブルガリのハイセンスジュエリー - NAVER まとめ

TOP

Favorite

楽天トラベル
http://travel.rakuten.co.jp/
ウエアハウスの通販
http://mr-oldman.com/

最終更新日:2015/5/1


Copyright(c) 2008 Jewelry&Accessory. All rights reserved.